ep1

 

まだこの動画セミナーに登録されていない方へ

このシリーズには他にも動画がり、安部氏が仕掛ける革命の全貌を知ることができるほか、食物添加物に関する他では学べない実態や知識が得られます。すべて受け取るには、以下よりご登録ください。

有効なメールアドレスを入力して下さい。

※yahoo、hotmailなどのフリーメールアドレスでは受信が出来ない場合がありますので、ご登録頂けません。プロバイダーアドレスでご登録ください。
※送信いただいたお客様の個人情報は、株式会社リアルインサイト(以下当社))で責任をもって管理させて頂きます。当社個人情報保護方針(プライバシーポリシー)につきましては、こちらをご覧ください。

 

share2

コメントを残してください (16 comments so far)

  1. 「ヘルーシーでおいしい家庭料理」を大切に11年前より、カフェを営んでいます。
    食の大切さ、添加物の壊さ・・・などご縁のある人にも話をしています。
    安倍さんの本を読み、随分前になりますが、講演会を2回開催させていただいたことがあります。
    その時には一般ではもう講演会はしないと聞いていたので、とても残念に思っていました。
    今回このようにご縁をもらって嬉しく思います。
    講座のことを詳しく知りたいです。


  2. 飯島 統子

    食品添加物の恐ろしさを知り日常生活で少しでも採らない工夫をしたいと考えていたところでした。より詳しく知りたいと思いました。


  3. 髙田範子

    安部司先生とは、10年前位にお会いしました。とても衝撃的でした。それから我が家は一切化学調味料は、昔ながらの出汁取りに切り替えて調理をしております。次代を担う子供達に、伝えて行く活動をも させていただいてます。考えを、変えれば健康も取り戻せると思います。


  4. 無添加

     貴重な御話を有難うございました。
     以前から、添加物には関心がありましたので、今後の動画や講座を楽しみにしています。


  5. あま カム

    スーパー行くのが憂鬱です。が、忙しい時とかつい利用している自分が情けない。
    キチンとした「食」・「人」に「良い」ものを食べないと 病気になりますょね。


  6. Yoko Sugita

    子どもの頃、赤いウィンナーやインスタントラーメンはほとんど食べさせてもらえませんでした。
    その頃着色料や添加物、味覚破壊についての情報はありませんでしたが、母は本能的に子どもに食べさせてはいけないもの、と思っていたようです。

    便利さや流行に惑わされず、自分の信念を貫いてくれた母に感謝するとともに、尊敬の念を感じます。料理の腕は足元にも及びませんが、母を見習って手作りは続けたいと改めて思いました。
    買ってきたものの方が美味しいと言われ心が折れることもありましたが、ちゃんと理由があったのですね。先生のお話しはとても励みになりました。
    安部先生、ありがとうございました。

    P.S.高校に設置されている飲料水や菓子パンの自販機。なんとかしたいです!


  7. kyo tanaka

    日本人の人口削減には戦争も兵器もいらない。このまま添加物まみれの食品と治療と称する薬を与え続ければ、絶えて行くでしょう。このモルモット地獄から抜け出すには、まず食品添加物の知識を身に着けて、自らの意思で判断する事です。添加物や薬は、時間を掛けた合法的殺人兵器す。


  8. 伊在住

    コンビニの白いご飯にそんなに添加物。。。
    日本に行った時に気になったのは、ヨーロッパでかなり問題になっているパーム油が植物性油脂でくくられている事でした。入ってるものは買わないようにしていたのに日本では見分けつかずでした。ポッキーに入っているはずなのに。。。


  9. 大ちゃん

    自分の健康は自分で守る!余計な異物を体内に取り込まないためにも、必要な知識である。
    わかり易く理解できて、実践でき、効果の上がる具体的な方法期待します。


  10. cabin

    安部司先生が動画の中で奥様同士の会話を紹介されてました。
    「この裏書きなんかスッキリしてないわね」と
    これこそが
    食品選びの「極意」だなと読みました。


  11. 全力料理人

    阿部先生のお話を聞いて身につまされる思いです。お客様に料理を提供する立場からすると非常に厳しいものがあります。これまでの常識が非常識に逆転するのだとすると、発想も柔軟に対応しながら独自の料理を作り出す必要がありますね。目から鱗が何枚落ちるのか・・・!?自分の料理のどの部分が悪くて、どの部分が良いのか、しっかり見極めて、修行時代に戻ったような心構えで受講したいと思います。次の時代を担う子供達をしっかり育てること。微力ながら皆さんと一緒に考えて実行していきたいです。どうぞよろしくお願いします。。


  12. kura

     久し振りに安部先生のお顔拝見しました。生協での講演会でお話を伺い、子育ての頃には一生懸命添加物排除の食事作りをしてきました。育った子供は修学旅行先で食べるものがない。変な臭いがすると、しっかり添加物入りを嗅ぎ分ける力がつきました。悲しいことに一人暮らしをするようになり、わかっちゃいるけど…とファストフードのお世話になる日々になりました。でも、基本の体と知識は伝えられたと思っています。いい加減になっていた自分自身の食生活を振り返ろうと思います。ありがとうございました。次のお話を楽しみにしています。

  13. がんの既往者である私は食品添加物に神経質です。ですけれど、それを他人に説明するときにどこが悪いの、なんで悪いのといわれて説明に窮する場合が多く、神経質すぎるとか、性格的偏りのような印象すら与えているかなと思うことがあります。もちろんそれを承知で、一向に構いませんが、もう少し、きちんとできたらいいなという思いはあります。阿部先生のお話はそのへんが分かりやすくいいですね。今年のバレンタイン・デイでの経験です。夫がどこで覚えてきたのか、ゴディバ、ゴディバと言いだし、私は当日わざわざ店まで行って買いました。ところが、店は混雑、食品表示など見ずに買いました。ソルビットが入っていました。常常これが入っているものは買うなと言っていたので夫が発見し、たべるのやめようと言いましたが、夫は食べてしまいました。後日電話で全商品に入れていますかと質問、なぜ入れているのですか、高級品のイメージを裏切られたと質問。先方は何か実害がございましたか、というばかり。しかも、テレビのCMで妊婦さんの写真を出してあたかも健康的といったイメージを売り込んでいるので、それ良くないですよ言いましたが、要領を得ません。文書で質問を出しますと言ったままになっていますが、この質問はだすつもりでいます。


  14. 廣瀬惠里子

    大変貴重なお話をありがとうございます。
    添加物には多少の理解(身体に良くないぐらい)をしておりましたが、こんなにも隠された真実があったのかと驚愕しております。大切な家族にそのような物を食べさせていた事を悔やんでおります。今からでもきちんと知り理解して、生きていく上で大切な食事を正していきたいと思います。そして、家族だけでなく、まわりの人達にも教えてていきたいと思います。


  15. lovepurple

    驚愕ですね。添加物の恐ろしさを知ってはいたもののこれ程までに!というのが正直なところです。
    やはり今の世の中まずは疑ってかかる事がとても大切だ!と言う想いをより強くしました。
    これからも学び続けていきます。有難うございます。


  16. 福田

    鳥内様
    いつもありがとうございますm(_ _)m

    諸々段取りがおありなのは理解できます
    が、個人的には早く講座の詳細を知りたいです。

    もちろん、友人等に知らせます。
    一人でも多くの方に真実を知って頂き
    まずは自分や家族の健康を守って頂きたいです。

    消費者が買わなくなれば
    生産者も段々変わります!
    時間はかかるけれど………

    とにかく、このままでは
    日本人は一億総病人だらけ
    日本全土が汚染されてしまいます

    少しでも多くの人の
    意識を変えたいです!